戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆松尾(まつお?)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大栃」(昭和28.12)を使用したものである

所在:香美市香北町川ノ内(かほくちょうかわのうち)
地形図:奈呂/大栃
形態:川沿いから斜面にかけて家屋が集まる
標高:約510〜700m
訪問:2015年1月

 

 大字川ノ内の北部、河ノ内川左岸支流沿いの斜面にある。鉢ヶ森(はちがもり:山岳名)の南およそ1.5kmの斜面に立地し、集落北東には大豊町方面とを結ぶ峠・松尾越がある。
 現地にはつづら折りの作業道が通じ、集落上方まで車輛で行くことができる。最近の地図でも建物が記載されているが、ほとんど残されていない。
 新版町史によると戦後の開拓地としても選定され入植者があったとのことだが、全域がこの時の開拓集落であるかは不明。旧来よりいくらかの農家はあったと思われる。なお開拓集落では桑を栽培し、蚕舎を建てる大規模な養蚕家もあったという。

 


写真1 倒潰家屋


写真2 屋敷跡の一部

写真3 何かの機械

写真4 同

写真5 農地跡

写真6 電柱

写真7 屋敷跡?の石垣

写真8 大岩と屋敷神?(中央やや下)

写真9 生活用品(釜・水瓶など)

写真10 何かの遺構

写真11 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ