戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆一本木(ひともとぎ)



※明色部
※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「越知」(昭和23.7)を使用したものである

所在:仁淀川町大屋(おおや)
地形図:上土居/上土居
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる
アクセント:ヒトモト
標高:約450m
訪問:2015年12月

 

 大字大屋の南部、安居(やすい)川右岸側の山中にある。大屋の中心部から西に400mほど。
 大屋の樫山
(かしやま)で伺った話によると、分かるもので7軒。多い時で12、3軒はあったのではないかとのこと。昭和50年の台風がきっかけで離村が増え、数年のうちに無住となったという。ミツマタや蒟蒻を商品作物として、キビを自給用として栽培。後年は林業に従事する家もあった。1組が稀に行き来しているよう。
 訪問は大屋より。地図上の破線の道とは別に狭隘なつづら折りの車道が通じており、終点付近が集落跡。現地では母屋の残る宅地が1箇所のほか、屋敷跡が数箇所。農地跡には石垣が組まれており、規模は大きい。

 


写真1 車道と農地跡の石垣

写真2 屋敷跡

写真3 廃屋

写真4 屋敷跡の一部

写真5 屋敷跡

写真6 物置小屋

写真7 屋敷跡

写真8 写真7下の石柱。「光明千万 南無荒玉不動御鎮護」とあり、岡林氏の名が記される

写真9 家屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ