戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆新改(しんがい)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「伊野」(昭和28.10)を使用したものである

所在:いの町小川東津賀才(ひがしつがさい)字新改畝?
地形図:思地/いの
アクセント:ンガイ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約520〜600m
訪問:2009年10月

 

 大字南部の山中にある。古い地図では5軒の建物が見られる。
 
地元の方(致川(いたしかわ)在住・59歳)の話では、かつては細川(ほそかわ)姓・岡田(おかだ)姓・隅田(すみだ)姓、ほか1軒の計4軒。この方が12歳くらいの頃から、相次いでほとんど同時に離村していった。うち細川家は国道付近の登り口(樫山(かしやま)?)に、岡田家は高知市に、隅田家はアメリカに移住(開拓?)。林業や製炭のほか、畑では蒟蒻芋を栽培し農協に出荷していた。なお、アクセントは後ろ3文字にある。
 
集落への登り口は林道脇にあるが、拡幅工事の際の擁壁のため分かりにくくなっている。山道をしばらく登ると集落跡に到着。23箇所の屋敷跡が見られ、うち1箇所では倒潰した物置小屋も残る(写真1)。跡地を見る限り、農地はかなり広かったよう。

 


写真 物置小屋


写真2 屋敷跡

写真3 瓦

写真4 徳利

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ