戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆宇留志(うるし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「手結」(昭和32.4)を使用したものである

所在:芸西村久重(くえ)
地形図:手結/手結
アクセント:ウルシ
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:最終は移転事業
標高:約300m
訪問:2012年12月

 

 大字久重の中部、赤野(あかの)川流域(右岸の小支流沿い)にある。
 村史によると、昭和40年代に発足した過疎地域集落移転事業により、板淵・宇留志・白髪の3集落(計29戸)が岡本団地・極楽(ごくらく)団地(※)ほかに転出したという(当集落は、昭和46年までに10戸が岡本団地に移住した)。移転時11戸だが、芸西村創始時(昭和29年)は21戸。2、3戸ずつが散在する集落であった。主に農林業・日雇い労働で生活。農地は谷あいに点在、日照時間が短く生産性も低いため規模は零細であった。生活用水は谷水を利用、農業用水は谷水および雨水を利用。また就学児は峠を越え久重小学校まで通学していた。
 訪問当初は赤野川沿いの道からのアプローチを試みたが、工事中であったため板淵とともに訪問は叶わず。工事関係者から集落の読みと迂回路を教えていただき、改めて久重より
大屋敷板淵経由で到達。
 主な生活道であったと思われる集落真下の谷筋は工事区間であったが、適当に尾根を登ると古い横道に合流。家屋群跡の一つに到達した
。集落の位置を記した地図を忘れてしまったため、探索はこの一角のみ。確認できた屋敷跡は1箇所。
 なお村史では字「漆」に恵美須神社があるとのことだが、当集落のことだろうか。

※ 岡本団地は昭和45年度完成の公営住宅。極楽団地は昭和46年より住宅が新築あるいは移築されたもの。家屋の建築は自費

 


写真1 道中の石仏


写真2 横道

写真3 農地跡の石段

写真4 谷を渡る石垣

写真5 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ