戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆正路藪(しょうじやぶ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字正路藪
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:山中に家屋が集まる
標高:約500〜600m(登り口は約370m)
訪問:2008年8月

 

 加茂(かも)川右岸の斜面にある。古い地図では5軒くらいの建物が見られる。かつては県道より橋が架かっていたが、現在はない。集落の真下から登っていくルート以外では、老之川大平からつながる道がある。
 現在では老之川(おいのかわ)谷より林業用の作業道ができているが、集落を隔てているている谷筋を越えてはおらず、集落まで行くことはできない。作業道から目をこらして谷の向こうを見ていると、石垣が確認できた。位置からして人家のものではないので、耕地か何かのものだろう。また木々の隙間から、加茂川の対
岸に
中村 の人家が見える。なおかつての橋付近では、道沿いに1軒の廃屋が見られるが、車道ができてから山を降りて構えた家だろうか。
 中村の方の話では、明治34、5年ころに北海道へ開拓団として全戸転出したためにいったん無人になったが、終戦後の食糧増産のために再び人が入り農地を作った。その後20年くらい続いたが、最後の住民が亡くなって無人となった。諏訪神社の玉垣で、黒河姓を確認

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ