戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆宮城(みやしろ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新居濱」(昭和23.4)を使用したものである

所在:四国中央市富郷町津根山(つねやま)
地形図:弟地/新居浜
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約400〜450m(水面は約450m)
訪問:2009年10月

 

 富郷ダムの人造湖(法皇(ほうおう)湖)により水没した集落。『伊予三島市 嶺南』によると、戸数は昭和738戸、同56107戸。
 
現地には水没を免れた1軒の人家と何かの社(神社?)が残り、湛水後に設けられたと思われる森林組合の事業所もある。
 
古くからの姓は苅田(津根山全体では高橋・曽我部・近藤も)。

 「ここも平家の落人伝説地で明剣神社熊野の神を祀り仏堂もあり、里人は畑作農業と林業を業とし生活は豊かな方である。昔は(略)駄馬による運搬業に従事する人々もあった。」(『ふるさと富郷村』)

 


写真1 地名表示板

写真2 展示施設にて。宮城は写真中央、向かって右岸

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ