戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆日早(ひそう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「北川」(昭和28.11)を使用したものである

所在:那賀町木頭折宇(おりう)字日早
地形図:阿波出原/北川
アクセント:ソー
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:集落整備事業
標高:約650m
訪問:2008年9月

 

 那賀(なか)川上流の支流、南(みなみ)川下流部の左岸斜面にある。古い地図では4軒くらいの建物が見られる。
 古い地図に従
権田 より斜面を登るが道が分からなくなる。南川に架かる「日早橋」の袂より山道を歩いたがこれも違った。宇井ノ内話を伺い登り口が分かり、三度目の正直で集落に到達。集落には人家の廃屋(写真1・4)や何かの建物(写真5)が見られ、集落入口には古い墓地もある(写真6)。土地に植林はされていない。なお登り口からしばらく登った場所にも家屋の跡や墓地があるが(写真7・8)、日早 との関連は不明。
 宇井ノ内の方の話では、かつては5軒あり田もあった。昭和48年、集落整備事業により転出。村内の出原(いずはら)の公営住宅に移った。丸山姓。
 昭和31年、小字日早で4世帯34人。

 


写真1 廃屋


写真2 廃屋にて

写真3 廃屋にて

写真4 廃屋

写真5 何かの建物

写真6 墓地

写真7 何かの建物と屋敷跡

写真8 古い墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ