戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆堂床(どうとこ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「川島」(昭和2
6.7)を使用したものである

所在:神山町阿野(あの
地形図:石井/川島
アクセント:ートコ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約230m
訪問:2011年11月

 

 大字阿野の東北部にある
 下地の方(80代)の話では、分かるもので3軒(嫁いで来た頃には2軒)。1軒は柿久保(かきくぼ)家。転出先は歯の辻(はのつじ)など。田や畑(芋・麦など)の耕作をしながら暮らしていたという。
 訪問は南倉目(みなみくらめ)集落より。下地(しもじ)集落からのほうが短距離であるが、地図上に破線の道が描かれていたためこちらを選択。
 峠を越えしばらくは道が荒れているが、他方面(長谷(ながたに)集落?)から状態の良い道が合流し、集落まで容易に歩くことができる。送電線の管理のためと思われ、おそらく下地方面からも道が延びている。
 集落では2箇所の屋敷跡を確認。

 


写真1 屋敷跡


写真2 屋敷跡にて


写真3 屋敷跡


写真4 四角い窪み(防火水槽?)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ