戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆山ノ垰(やまのたお?)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「須佐」(昭和22)を使用したものである

所在:萩市弥富下(やどみしも)
地形図:長門新市/須佐
形態:谷沿いの一軒家?

標高:約360m
訪問:2015年8月

 

 大字弥富下の南部、及谷(およびだに)川(田万(たま)川支流)の最上流部にある。
 訪問は及谷川より。往時は集落まで車輛が通れたような道幅があるが、現在は徒歩でのみ通行可。道路は加ヶ谷(かがたに)側上流とを隔てる鞍部まで通じている。この鞍部の少し手前で、屋敷跡を1箇所確認。集落付近には谷沿いに農地の跡が見られる。
 町誌の「弥富の生活」の節では、「村内小名」のひとつとして「山の垰(たお)」が挙げられ「人家アリ」とあるが、当地のことと思われる。

 


写真1 道中にて。何かを祀った跡?

写真2 屋敷跡

写真3 屋敷跡にて


写真4 屋敷跡脇の何かの基部


写真5 筒状の遺構

写真6 農地跡

写真7 道沿いの小祠?

写真8 鞍部

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ