戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆黒木(くろき?)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「井原」(昭和27.8)を使用したものである

在:福山市山野町山野(やまのちょうやまの)
地形図:金丸
/井原
形態:山中に家屋が集まる
標高:約450m
訪問:2013年5

 

 大字山野の西部にある
 現地は中国自然歩道の道中にあり、「黒木」と記した道標も見られる(写真1)。建材会社の処分場が見られるが、家屋の類は皆無。処分場の近くには現在でも手入れされている墓(写真2)があり、この近辺には往時の宅地があると思われる。さらに少し北側の尾根筋には、古い石仏と墓がある(写真3・4)。また北東部の谷沿いでも廃屋・古い墓・石仏を確認。なお車道とこの谷沿いの道との分岐付近には高野甲左衛門(たかの・こうざえもん)(※)の墓とされる場所があり、宝篋印塔と五輪塔が立つ(写真9)。

※ 薩摩から来た鷹の甲(たかのこう)城の城主。城はこの付近にあったと伝わる(案内板より)

 


写真1 道標

写真2 墓地

写真3 石仏

写真4 古い墓

写真5 廃屋

写真6 墓

写真7 農地跡

写真8 石仏と高野甲左衛門の墓への案内

写真9 宝篋印塔・五輪塔

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ