戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆東峰(ひがしみね/ヒガシムネ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「加計」(昭和22.2)を使用したものである

在:広島市安佐北区安佐町久地(あさちょうくち)
地形図:飯室
/加計
アクセント:ヒガシミネ/ヒガシムネ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約370m(苅畑(かりはた)集落は約90m)
訪問:2013年5

 

 大字久地の中北部、吉山川左岸の山中にある。
 麓の苅畑の方々に伺った話によると、分かるもので6、7軒。戸数は漸減、無住となった時期は分からないが、60年くらい前には水田を作って暮らしている家々があったという。
 訪問は苅畑経由で、車道終点より集落直下の谷を登った。最近の地図には道が記載されていないが、明確な徒歩道が続いている。谷沿いの農地跡の石垣を過ぎ、谷筋が開け傾斜が緩くなった辺りが集落跡。植林の中竹藪や灌木でやや荒れているが、2箇所の屋敷跡が確認できた。

 


写真1 屋敷跡

写真2 写真1にて

写真3 屋敷跡

写真4 写真3にて

写真5 集落内の平坦地

写真6 谷沿いの農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ