戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

谷口(たにぐち)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「福渡」(昭和20)を使用したものである

在:岡山市北区建部町鶴田(たづた
地形図:西川/福渡
アクセント:タグチ
形態:谷の合流部に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約90m?(水面は約100m)
訪問:2012年5月

 

 大字鶴田のうち、旭川沿いの上流部にある旭川第一ダム湛水により水没した集落。
 
最近の地図では和田南(わだみなみ)の笑田(わろうだ)の下方に地名が記されているが、集落があったのは現在の谷口橋付近。神瀬の向かい。現地には2本の谷が旭川に合流しており、そのいずれにも家屋があったよう。谷口橋が架かる前の旧県道から南側の谷に入ると、墓地(富田家。写真4)が見られる。 
 町史によると「谷口大師堂」が水没移転した墓地の一隅にあるとのこと。先述の墓地とは別の場所か。

 


写真1 谷口橋

写真2 集落跡付近(南側の谷)

写真3 集落跡付近(北側の谷)

写真4 墓地(南側谷沿い)

写真5 石塔(中央尾根筋)

写真6 谷と石垣(北側)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ