戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

新田(しんでん)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「高梁」(昭和36.10)を使用したものである

在:総社市影(かげ)字新田?
地形図:総社西部/高梁
形態:山中に家屋が集まる
標高:約300〜340m
訪問:2012年5月

 

 大字影の中部にある。中尾の中組集落より影谷(かげだに)川を渡り、下倉(したぐら)との境界である稜線付近まで登った場所。
 広間の方の話では、最後の1世帯1人が昨年転出し無住になったという。また槻の方の話では、最後の住民は小野(おの)家。同級生(昭和6年生)であったという。
 訪問は下倉側より。広間を経由し稜線を越え、集落に至る。どこからか車道が通じているが、美星町【現・井原市】側からと思われる。
 集落では最後の1軒と思われる家屋のほか、廃屋が1軒。屋敷跡が1箇所。神社跡のような場所もある(写真3)。

 


写真1 家屋

写真2 廃屋

写真3 神社跡?

写真4 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ