戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

御坊(おんぼう?)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「高梁」(昭和36.10)を使用したものである

在:総社市山田(やまだ)字御坊?
地形図:総社西部/高梁
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約320m
訪問:2012年5月

 

 大字山田の西部にある。大正池の西側の谷沿い。
 この谷沿いにも池があり(写真1)、この辺りから山側に人の手が加わった平坦地が見え始める。屋敷跡はもう少し上流へ進んだ竹藪の中で確認。
 書籍『山田誌』によると、表面に子供の足跡のような形のある赤子岩、側面が猫の顔に似ている猫岩、殿様がその上で酒を飲んでいたというおみき岩があるとのことだが、これらは確認できず。おみき岩の付近一帯には水田が広がっていたという。

 


写真1 溜め池


写真2 碑


写真3 壜など

写真4 石の鉢

写真5 石垣

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ