戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

相ヶ原(あいがはら)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「高梁」(昭和36.10)を使用したものである

在:総社市延原(のぶはら)字相ヶ原?
地形図:豪溪/高梁
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約310m
訪問:2012年5月

 

 大字延原の北部にある。
 延原所属とのことで北谷集落側からの訪問を試みたが、道は荒れており到達できず。賀陽町【現・吉備中央町】岨谷(すわたに)(大古屋集落)側からは集落付近まで車道が延びており、はるかに進入しやすい。
 集落に到達すると谷が急に開け、ここに広い農地があったことが窺える。現在は全体的に藪で荒れており、探索は困難。集落の縁の部分のみの探索にとどまり、確定できた屋敷跡は1箇所。
 大古屋在住の方の話では、かつては4、5軒くらい。離村は60年以上は前ではないかとのこと。転出の際、大古屋に降りる家はなかったという。

 


写真1 集落付近の道と川

写真2 谷と石垣

写真3 農地跡

写真4 農地跡の石垣

写真5 農地跡にて

写真6 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ