戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

山空(やまそら)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「岡山北部」(昭和36.10)を使用したものである

在:岡山市北区御津中泉(なかいずみ)
地形図:金川/岡山市北部
アクセント:ヤソラ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約300m
訪問:2012年5月

 

 大字中泉の山中。348.1mの三角点の東側の斜面が緩くなっているが、この付近に集落があった。
 訪問は熊見峠より。集落までは作業道(車道)が通じており、車輛での進入も可能。現地では屋敷跡と墓地(川田家)を確認。集落の中心には池(写真5)があり、農業に用いていたと思われる。
 中泉の方の話では、かつては4、5軒。無人になったのは30年以上前ではないかとのこと。川田(かわた)家・相沢(あいざわ)家・見上(みかみ)家があった。
 町史によると、「おくまのさま」と呼ばれる石塔があり、古くからお産の神として遠方からも参拝者があったという。妊産婦が山空まで登るのは難儀ということで、旧甘泉小学校裏に題目石が設けられ、山空同様にかなりの参拝があった。
 なお当地には山空遺跡と呼ばれる古墳時代の遺跡や「山空桜」がある。中泉には説明板(写真9)があるが、これらは未確認。

 


写真1 小屋

写真2 屋敷跡にて

写真3 同

写真4 道と石垣

写真5 池

写真6 石垣

写真7 墓地

写真8 古い墓地

写真9 山空桜・山空古墳の説明版

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ