戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

(こう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「勝山」(昭和35.6)を使用したものである

在:真庭市神
地形図:勝山/勝山
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:本文参照
標高:約500m
訪問:2012年5月

 

 大字神の北部山中にある。神林寺(じんりんじ)を中心に、かつては十を超える僧坊があり、多くの僧が生活していた
 以下は町史より、昭和以降の離村までの主な流れ。

昭和初期には、住職・小作の家族合わせて3世帯10人前後が生活し、自給用の田畑があった
戦後の農地改革により小作地からの収入が途絶え、小作の家族はブラジルへ移住。住職の家のみとなる
山上の痩せ地・天水に頼る灌漑のため住職の家族のみでは耕作が十分にできず、寺領の山林の伐採による収入の割合が大きくなる
住職が退職したことにより寺領の山林からの収入が見込めなくなり、離村に至る(昭和30年12月)

 神林寺(真言宗)については、709年開基とされる(詳細はこちら)。無住となったのち荒廃が進み、落合町【現・真庭市】日名(ひな)の善福寺に仮の堂を建て、本尊が安置された。
 町史刊行当時、本堂は既に崩壊。観音堂を補修した仮本堂も傷みが激しく、参道もひどく荒れ、また八十八箇所の石仏(写真2か)は境内に集めて置かれていたという。現在は鐘楼・本堂も再建、「八十八箇所の石仏」は参道に並べられている。また多くの花木や往時の建物の位置を示す看板があり、散策路も整備。訪れた人々が楽しめるようになっている。
 なお大字神は近世の真島郡神村。明治22年川南村(のち久世町)の大字となる。明治24年4戸15人(角川)。

 


写真1 仁王門

写真2 道沿いの石仏

写真3 石段・灯籠・鐘楼

写真4 本堂(観音堂)

写真5 伝閼伽池

写真6 弁財天

写真7 歴代住職墓地

写真8 旧本堂・庫裏・客殿跡

写真9 三重塔跡

写真10 牛頭天王宮

写真11 法霊権現社跡

写真12 古い石仏

写真13 古い石塔

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ