戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

炭山(すみやま?)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「智頭」(昭和27.10)を使用したものである

在:津山市下津川(しもつがわ)
地形図:大背/智頭
形態:谷の合流部の一軒家?
標高:約440m
訪問:2012年5月

 

 大字下津川の東部、津川川右岸にある。
 現地には林業の物置のような建物が1軒と、近くに墓地(保田家)がある。ほか農地跡の石垣が見られるが、規模は大きいものではない。また付近には「山越し商業道路開設記念碑」(写真1)があり、当地が通過地点のひとつとして記されている。この道路は鳥取・智頭町の河津原(こうづわら)から県境の「縄頭」を経由、「日谷」に至るもの。また
墓誌の裏には保田家の祖先は播洲千種(※)から山番人として移住してきた由が刻まれており、山に深く関わって生活をしていたことが窺える。

※ 兵庫県の千種町【現・宍粟市】か

 


写真1 碑

写真2 炭焼き窯跡?

写真3 石積み

写真4 墓地

写真5 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ