戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆穴針(あなばり)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「油木」(昭和40.7)を使用したものである

在:高梁市備中町平川(ひらかわ)
地形図:備中市場
/油木
アクセント:アナバリ
形態:川沿いから支流にかけて家屋が集まる

離村の背景:ダム建設

標高:約200〜300m(水面は約230m)
訪問:2013年5

 

 大字平川の北部、成羽(なりわ)川右岸およびその支流沿いにある。現在は新成羽川ダムの人造湖(備中湖)により一部が水没。成羽川本流沿いの「信(のぶ)」・支流沿いの「穴針」の小集落に細分される。
 付近の名木(なぎ)集落で伺った話では、水没前でおよそ10軒。ダム建設に伴い、昭和40年頃に離村。なお水没記念碑によると、丹下5・谷本2・藤井2・井上・豫風各1の計11軒。
 訪問は名木より。谷筋の道はかなり荒れているが、はっきりと痕跡をたどることができる。集落付近に到達すると、路傍に多くの古い墓?が集められた一角(写真3)があり、湖面に近づくと渡船の待合所(写真8)、およびこの付近に屋敷跡と墓地(写真11。井上家)が見られた。
 資料によると、水没地区の主な生業は稲作・畑作(麦類・豆類・タバコ・蒟蒻等。古くは藍も)・養蚕・林業・漆・漁業等。ただし耕地はきわめて少なく、米が自給できる家は全体で4、5戸程度。多く東城・西山から買い入れていたという。漆(備中漆)は最盛時水没地区の全戸で行っていた。さらに水没直前まで、清川内とともに伝統的な紙漉きが行われていた(清川内和紙)。古くは水没地区全体で行われていたが、水没直前は清川内で5戸、穴針2戸であった。質が強く破れにくいため、評判が良かったという。

 


写真1 新成羽川ダム

写真2 集落跡付近を望む

写真3 古い墓?

写真4 道と石垣

写真5 水路跡?

写真6 湖面に続く道

写真7 道と石垣

写真8 渡船待合所

写真9 屋敷跡の石垣

写真10 屋敷跡にて

写真11 墓地

写真12 道中の滝

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ