戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆殿明(とのみょう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「木都賀」(昭和33.1)を使用したものである

所在:浜田市三隅町上古和(かみこわ)
地形図:宇津川/木都賀
アクセント:トミョー
異表記:代ノ田辻(だいのたつじ)(旧版地形図)
形態:谷沿いに家屋が散らばる?

標高:約250m
訪問:(2012年8
月)

 

 大字上古和の南部にある。三隅川の左岸支流沿い。
 付近で伺った話によると、かつては2軒ではないかとのこと。1軒が倒潰していたのを記憶しているという。
 三隅町の大平(おおひら)および古賀用(こがよう)から、および美都町【現・益田市】の右田原(みぎたばら)から道が通じている。大平からは寺院跡から細い山道が通っているが、集落まで通じているかは不明。古賀用からは鋪装された車道がしばらく続いている。のち谷に沿って徒歩道となるが、本来の道は藪に消滅。斜面を登る右岸側・橋を渡る左岸側の二手に分かれるが、いずれも送電線の巡視用の道。右手原からの道も、整備されたものではないよう。

 


写真 谷と橋。本来の道は直進

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ