戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆殿(との)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「若櫻」(昭和28.12)を使用したものである

在:鳥取市国府町殿
地形図:稲葉山/若桜
異表記:殿村(とのむら)
アクセント:トムラ
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約140m
訪問:2010年11月

 

 町の東部、袋(ふくろ)川沿いにある。ダム建設により、川沿いにあった集落全戸が移転したよう
 訪問時は工事の最中で、大規模な堰堤が造られていく様子が窺えた。集落はこの堰堤の少し下流の川沿いにあったようだが、斜面に少し茂った竹藪以外、面影はまったく見られなかった。また拾石のような記念碑
もない。
 なお複数の方が「殿村」と言っており、地元では語呂良くこう呼ぶのが一般的なのかもしれない。
 「角川」によると大字殿は近世の法美(ほうみ)郡殿村。明治22年登儀村(のち成器村→大成村→国府町)の大字となる。明治24年17戸74人、昭和35年9戸45人、同45年7戸33人、同53年7戸35人。米作と養蚕(昭和30年代まで)を主としていた。氏神は殿村神社。
 町誌によると、殿村神社は殿ダム建設工事により平成14年6月菅野(すがの)の酒賀(すが)神社に合祀。街道の神護(かんご:地名)入口下手の山沿いにあった。

 


写真 ダム工事

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ