戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大小森(おおこもり)



※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「十津川」(大正3.5)を使用したものである

所在:新宮市熊野川町篠尾(ささび)
地形図:伏拝/十津川
アクセント:オーコモリ
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約330〜400m
訪問:2011年5月

 

 大字篠尾の西部山中にある
 地元の方の話では、かつては12軒。転出先は篠尾や新宮市など様々。篠尾界隈はかつて蒟蒻作りが盛んであったが、大小森にも蒟蒻畑が広がっていたという。通学は篠尾小学校・敷屋(しきや)中学校(ともに廃校)。
 集落の登り口には篠尾の起源を記した看板があり、大小森にはその開祖となった「兵庫一族」(※)の墓があるという。また古くは良質の茶・タバコ・繭・蒟蒻の産地として知られていたことにも触れている。
 登り口から集落までの道のりはあまり遠くはない。山道が集落に近づくと谷筋が急に開け、広大な農地跡が目の前に広がる。斜面がとても緩やかなので、農地の区画一つ一つも比較的広い。廃屋5軒、屋敷跡数箇所のほか、集落の北部と南西部で石仏を確認。先述の兵庫一族の墓は、集落の中ほどにあった(写真5)。
 町史によると、昭和20年代には15戸。戦後は割合早くから転出が始まり、昭和35年頃に無人化。

※ 兵庫左衛門尉氏永をはじめ、嫡子の勝正・正信等。平家の落人

 


写真1 集落内の道


写真2 廃屋


写真3 道と石垣


写真4 道と石垣


写真5 兵庫一族の墓


写真6 墓地跡?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ