戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大峯(おおむね)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「栗栖川」(昭和28.6)を使用したものである

所在:田辺市本宮町皆地(みなち
地形図:皆地/田辺 
形態:山中に家屋が集まる
標高:約300〜350m
訪問:2009年4月

 

 大字皆地南部の山中にある。古い地図では5軒くらいの建物が見られる。
 
地元の方々(静川の平(たいら)在住)の話では、かつては45軒の家があり、昭和40年代半ばくらいに無人になったのではないかとのこと。野竹(のだけ)の檜和瀬(ひわぜ)の方の話では34軒。戦後しばらくしてから無人になった。
 
皆地の中心部から山道があるが、現在は林道(小広(こびろ)静川線)が稜線上に延びているので、これを登り皆地方面と静川(しずかわ)方面の分岐となる峠から下っていくほうが近い。峠には「安永」の文字が見られる石仏がある(写真1)。なお峠から皆地側は、目的は分からないが斜面の下のほうまで整地されてしまっている(写真2)。屋敷跡や農地跡も整地された区域に含まれていると思われる。しかし山林に入ると石積みや農地跡(写真3)、瀬戸物や壜、電柱の跡や碍子(写真4)も残されており、道もはっきり分かる。

 


写真1 石仏

写真2 整地された場所

写真3 農地跡

写真4 電柱の根元と碍子

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ