戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆親之谷(おやのたに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「釋迦ガ嶽」(昭和29.3)を使用したものである

所在:十津川小井(こい)
地形図:風屋/釈迦ヶ岳
異表記:親ノ谷
アクセント:オヤノタニ

形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約480〜550m
訪問:2013年12月

 

 大字小井の西部、十津川支流の親ノ谷沿いにある。
 現地付近で会った方々によると、往時の家々は
7、8軒、離村は昭和40年代前半ではないかとのこと。林業を主体とする傍ら、自給用の畑を耕作して暮らしていたという。
 集落は大まかに下流側と上流側に分かれており、前者のほうに宅地が多い。下流側では2軒の廃屋のほか数箇所の屋敷跡が見られ、上流側で確認できた宅地は1箇所のみ。いずれにも段々になった農地跡が広がっているが、これらは水田跡か。な
お集落手前にある神社は大将軍神社で、現在もきれいに手入れされている(写真1)。さらに下流には浄水場がある。

 


写真1 集落手前の神社(以下下流側)

写真2 廃屋

写真3 屋敷跡

写真4 倒潰家屋

写真5 廃屋と登り口

写真6 道と農地跡

写真7 廃屋(以下上流側)

写真8 段々の土地

写真9 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ