戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆一ノ段(いちのだん)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大屋市塲」(昭和27.2)を使用したものである

所在:養父市大屋町明延(あけのべ)字一ノ段
地形図:大屋市場/大屋市場
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約700m〜
訪問:2010年11月

 

 大字明延の南東部にある
 訪問は林道七拾枚線より。車道は谷の分岐(地図には墓地の記号がある)まであったようだが、崩壊しておりすぐに徒歩となる。車道の終点から先は道が不明瞭。さらに谷から集落へ向かって登る分岐も見落としやすいが、林業などで入る人がいるためか踏み跡はそれとなく残っている。
 集落跡では屋敷跡を1箇所、屋敷跡と思われる平地を1箇所のほか、墓地も数箇所確認。うち1箇所は高階(たかしな)姓。地図でも分かるように傾斜は非常に緩やか。全面がスギの植林地となっているが、道が荒れているのに反し意外なほど手入れが行き渡り、荒れた雰囲気はない。
 明延の方の話では、昭和29年には既に無住になっていたという。1軒は明延に転出。
 なお林道沿いにも屋敷跡や農地跡・墓地が見られるが、集落としての名称は不明(一ノ段には含まれない)。

 


写真1 屋敷跡

写真2 墓

写真3 墓

写真4 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ