戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆遊屋(ゆうや)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大屋市塲」(昭和27.2)を使用したものである

所在:宍粟市一宮町公文(くもん
地形図:音水湖/大屋市場
アクセント:ーヤ
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約470m
訪問:2010年11月

 

 大字公文の北東部にある
 小原(おはら)の方の話では、かつては遊屋家の本家とシンタク(分家)の2軒。小学生だった昭和26年ころには既に1軒になっており、少なくとも昭和50年には無住になっていた。自給用の米作りと炭焼きで暮らしていたという。
 谷沿いに段々になった水田の跡と、1軒の倒潰家屋(写真1)が見られた。なお林道遊屋線は、普段は入口のゲートが閉じている。
 「角川」によると、溝谷(みぞたに)・小原・志倉(しくら)と同様近世に木地師が定着して開拓された集落。

 


写真1 倒潰家屋

写真2 農地跡

写真3 道と石垣

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ