戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆藤原新田(ふじはらしんでん)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「播州赤穗」(昭和35.9)を使用したものである

所在:赤穂市鷆和(てんわ)字藤原新田
地形図:日生/播州赤穂 

形態:海沿いに家屋が集まる?
標高:数m
訪問:2010年10月

 

 大字鷆和の南部にある。地名の通り、荒地を開墾した比較的歴史の新しい集落と思われる。
 現在は工場が建ち並び昔の面影はほとんど見られないが、道脇に墓地や石仏を確認。また播磨・備前国境の石碑(写真4)があり、「従是東播磨國」「従是西備前國」などと書かれている(ただし昭和38年に大字福浦(ふくうら)が赤穂市に編入されたため、現在の県境とは異なる)。藤原新田池の南部には数軒の家屋があるが、集落由来のものであるかは分からない。また新田北部には開拓者の功績を讃える記念碑があるようだが、こちらは確認せず。

 


写真1 平地と工場群

写真2 墓碑


写真3 石塔


写真4 石碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ