戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆滝谷(たきだに)

在:京丹後市大宮町延利(のぶとし)字滝谷?
地形図:日置/宮津
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約130m
訪問:2010年8月

 

 大字延利の東北部にあり、岩滝町との境界に近い。古い地図には既に地名は見られないが、建物は記載されている。
 家が滝谷にあった方(5代くらい前?)の話では、かつては由村(よしむら)姓が5軒(分家も含む)。山仕事や田が主な生業だった。平家の落人の集落と伝わり、鎧や刀を所蔵する家があったと聞いたという。隣接する蛇谷(岩滝町)とも交流があった。
 谷への降り口は分かりづらいが、教えていただき集落にたどり着くことができた。入口が分かれば、踏み跡は比較的しっかりしている。踏み跡が消える辺りが集落の跡で、農地の古びた石垣や平坦地が確認できる。屋敷跡を特定することはできなかったが、途中にある分岐より古い墓地(写真2)を確認。

 論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期4戸?、大正初期に無人化。延利の端郷。

 


写真1 石垣

写真2 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ