戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小茅(おがや)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「京都西北部」(昭和26.9)を使用したものである

所在:南丹市日吉町天若(あまわか)字小茅
地形図:殿田/京都西北部
形態:谷の上流に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設(非水没地)
標高:約300m
訪問:2009年9月

 

 町の南東の端、旧京北町【現・京都市右京区】との境界付近にある。古い地図では住宅密集地と水田が見られる。
 
地元の方の話では、ダム建設により立ち退きになった集落。ただし水没はしていない。12年かけて全戸が転出した。古くは農業で暮らしていたが、近年は街に出て仕事をしていたという。
 
現在集落跡は、道路からフェンスで隔てられている。跡地には荒れた旧道と屋敷跡と見られる石垣が見られる。一角は植林が施されていないが、植林の中に入ると墓地の跡も見られた(写真3)。
 
なお道路の突き当たり、ゲートの先は広く平坦に開けており、何かの工事が行われている。これは水田の跡とのこと。土地は旧京北町の所属。

 


写真1 集落風景

写真2 旧道と石垣

写真3 墓地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ