戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆藤谷(ふじたに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「福知山」(昭和27.3)を使用したものである

所在:福知山市三俣(みまた)字藤谷
地形図:福知山東部/福知山
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約100m
訪問:2009年9月

 

 市の南西部、土師(はぜ)川右岸の支流沿いにある。古い地図では4軒くらいの建物と神社、谷沿いに乾田が見られる。
 
以下は地元の方(平石(ひらいし)在住・大正12年生まれ)の話をまとめたもの。


今川(いまがわ)3・東村(ひがしむら)1の計4
東村家が終戦後すぐに三俣へ転出。次いで昭和340年代に1軒、450年代に2軒が同時に転出し無人になった
夏期は農業(田)、冬期は炭焼き・薪作り・林業で暮らしていた
大正の終わりか昭和の初めくらい、東村家が養蚕を導入。卵を平石などにも配り、グンゼ(当時「郡是製絲」)に蚕糸を供出していたという
昭和21年電灯の導入。電話は引かなかった
集落には小さな祠がある(地図上の神社の記号)


 集落跡は谷沿いにあるが、府道から外れた場所にある。屋敷跡を2箇所確認。神社の位置は分からなかった。

 


写真1 屋敷跡にて

写真2 農地跡にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ