戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆和田(わだ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「十津川」(昭和28.6)を使用したものである

所在:熊野市紀和町小森(こもり)
地形図:大沼/十津川
アクセント:ワ
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約300〜380m
訪問:2010年10月

 

 大字小森の南部にある。
 地元の方(昭和18年生)の話では、分かる範囲で10軒。林業や北山(きたやま)川での材木の筏流しが主な生業で、自給用の農業をしながら暮らしていたという。畑(自給用)はあったが田は集落内になく、平谷(ひらだに)の川畑(かわばた)に所有し通って作っていたという。
 集落は大まかに下和田(しも―)(集落入口の低地)と上和田(かみ―)(集落奥の高地)に分かれている。下和田では廃屋が1軒残るほか、屋敷跡が数箇所。墓地も2箇所確認。うち1箇所(山本家)は現在も墓参に訪れていることが窺える。なお集落の入口には数段の石段の設けられた何かの跡があるが、堂宇か何かがあったのだろうか。
 上和田では複数の廃屋と屋敷跡・学校跡(写真8)を確認。一見して墓地は見つからなかった。最も奥にある家屋の敷地には植林が施されておらず、草刈りなど定期的な手入れがなされている。学校跡には「和田小学校跡地」の石碑(写真10)が建ち、これによると大正12年4月開校、昭和40年3月廃校。後述の沿革とは多少の齟齬が見られる。
 なお以下は町史より学校の沿革(抜萃)

 大正11.4.1  新築家屋において仮授業を行う
 大正11.12.26  学校設立の認可を受ける
 大正12.1.15  開校式および新任式を行う
 昭和35.4  西山小学校和田分校となる
 昭和39.4  和田分校廃校

 


写真1 集落遠景
≪下和田≫

写真2 集落入口の何かの跡

写真3 廃屋

写真4 廃屋

写真5 墓地

写真6 墓地

写真7 道

写真8 屋敷跡の石段
≪上和田≫

写真9 バイク

写真10 家屋

写真11 廃屋

写真12 道と石垣


写真13 学校跡


写真14 学校跡にて(奥の建物は便所)

写真15 碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ