戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆絵下ノ入(えげのいり)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「足助」(昭和35.11)を使用したものである

所在:豊田市羽布町(はぶちょう)字絵下ノ入
地形図:三河湖/足助
異表記:新田(しんでん)
形態:谷沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約440m(水面は約460m)
訪問:2011年5月

 

 村の南東部にある。現在は羽布ダムの人造湖(三河湖)に水没。
 湖畔の売店には水没前の「新田集落」の写真(写真2)があるが、古い地図でも水没範囲に「絵下ノ入」以外の集落はなく、「新田」とは地図の「絵下ノ入」を指すものと思われる。なお村誌の小字一覧に絵下ノ入は記載されているが、写真で説明されている「字新田」は村誌で見られない。
 売店の方の話では、「新田」はかつて6、7軒。田の耕作や山仕事・炭焼き・椎茸栽培などで生活していたという。転出先はばらばら。
 集落付近の湖畔では特に何も見つからなかったが、最近の地図でも見られる水田の記号(実際は植林地)は往時の名残か。また半島状になった場所には廃止されたキャンプ場があるが、この平地も農地跡を利用したものだろうか。右岸では水面近くに古い墓地(写真4)や小さな平地が見られた。

 


写真1 羽布ダム

写真2 水没前の写真(昭和27年撮影とある)

写真3 集落付近にて

写真4 古い墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ