戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆八重名野(やえなの)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「下田」(昭和30.7)を使用したものである

所在:西伊豆町一色(いしき)字八重名野
地形図:仁科/下田 
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約100m(八重名野バス停は約50m)
訪問:2007年2月

 

 仁科(にしな)川の右岸の斜面にある。集落は無人だが八重名野バス停が残る。ここに架かる八重名野橋は、欄干が無く簡素な造りだが軽自動車くらいは渡れる幅がある。なお地形図では渡ったところに墓地の記号があるが、現在は見られない。それらしい場所には、椎茸のほた木が組まれていたり、畳が捨てられていたりしている。6、7分ほど山道を登ると、最初の民家跡に到着。家屋はほぼ全壊だが物置や蔵が残る(写真1・2)。近くには物資運搬用のワイヤーが張られ、タイヤを水平に吊るした滑車が残っている。少し先の民家跡は、僅かに壁が残っているのみ。もう1軒は建物がしっかり残っている(写真3)。最後まで人が暮らしていたのだろう。その他斜面を利用した農地の跡が多く残っている。現在でも一部の畑が手入れされており、夏みかんのような柑橘類が栽培されている。かつての住民が農作業をしに来ているのだろう

 


写真1 物置


写真2 蔵


写真3 人家

写真4 道

写真5 祠? 


写真6 畑の作業小屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ