戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中野(なかの)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「白山」(昭和29.12)を使用したものである

所在:高山市荘川町中野
地形図:御母衣/白山
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約700m(水面は約750m)
訪問:2009年5月

 

 御母衣(みぼろ)ダムの人造湖(御母衣湖)に沈んだ集落。赤谷海上の間にある。村内で御母衣湖に水没した集落の中では、最も規模が大きい。古い地図では多くの建物のほか郵便局(「郵便電信ヲ兼ル局」)・学校・寺院が見られる。
 右岸で山菜採りをしていた方の話では、家は300軒くらいあったそう。学校は中野小学校・中野中学校、寺院は照蓮(しょうれん)寺と光輪(こうりん)寺。水没後はそれぞれ高山市・関市に移転。両寺院の境内にあった桜の古木は、村内海上の湖畔に移植されている。神社は八幡神社。水没後は村内の新淵(あらぶち)へ移転(合祀?)。方々から人が集まった集落のため、姓はばらばら。水没後の転出先も様々で、岐阜市・高山市・郡上市など県内市町村のほか東京・名古屋などに転出した人もいる。
 
現在は左岸国道沿いにキャンプ場と「水没記念碑」(写真)(全文はこちら)・「万象寂静水没之碑」がある。
 
姓は「水没記念碑」より大沢・若山・加藤・田下・中田・山本・松島・杉山・杉下。
 
なお大字中野は近世の大野郡中野村。明治8年に荘川村の大字となる。

 


写真 水没記念碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ