戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆赤谷(あかだに)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「白山」(昭和29.12)を使用したものである

所在:高山市荘川町赤谷
地形図:新淵/白山
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約720m(水面は約750m)
訪問:2009年5月

 

 御母衣(みぼろ)ダムの人造湖(御母衣湖)に沈んだ集落。中野の南東にある。古い地図では、谷と庄(しょう)川が合流する開けた部分に10軒くらいの建物と水田・桑畑が見られる。
 
右岸で山菜採りをしていた方の話では、家は123軒あった。田が多かったそう。八幡神社があった。右岸の林道沿いに家屋が点在しているが、これは山林の管理のための杣小屋で常住のものではない(写真2)。
 
姓は「水没記念碑」より中林・柳沢・湯口・清水など。
 
なお大字赤谷は近世の大野郡赤谷村。枝村に落部・和田がある。明治8年荘川村の大字となる。地名の由来は大倉山の谷水が赤く濁っていたことによるという(角川―後風土記)。

 


写真1 集落付近

写真2 小屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ