戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆飛騨谷(ひだたに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「下呂」(昭和34.9)を使用したものである

所在:下呂市金山町中切(なかぎれ)字飛騨谷
地形図:焼石/下呂
異表記:飛弾谷?(旧版地形図)
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約550〜600m
訪問:2009年5月

 

 飛騨川の支流、飛騨谷の上流にある。古い地図では3軒くらいの建物が見られる。

 集落に到着して間もなく、かつての住民が訪れたので話を伺うことができた。以下はその概要。

かつて家は7軒。昭和30年代前半に離村
谷の入り口にも家屋があるが、飛騨谷集落には含まれない(飛騨谷口)。途中にあるキャンプ場は飛騨谷だが、水田を所有していた人が新しく作ったもの
旧金山町の所属だが、子供は旧下呂町の和佐(わさ)小学校に越境通学していた(本来ならば下原(しもはら)小学校だが、こちらのほうが遠い)。和佐小学校は現在廃校になっており、「和佐グランド」がその跡地
生業は水田と林業。物々交換で様々なものを得ていた
電気は離村まで通っていなかった。自家発電を行い、この方の家ともう1軒が電気を引いていた(ほかはランプで生活)。

 現在はこの方の家と畑が残っており、この畑を含む農地跡は植林されることなくきれいに手入れされている(写真1)。また奥には神社があり、灯籠と荒れた拝殿が残されている(写真4)。さらに奥にも、何かを祀った場所があるそうで、ここは見晴らしがいいという。

 


写真1 農地跡

写真2 祠

写真3 石仏

写真4 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ