戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆笈破(おいわれ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「東茂住」(昭和29.6)を使用したものである

所在:飛騨市神岡町笈破
地形図:鹿間/有峰湖
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約900m
訪問:20011年6月

 

 町の北部、高原(たかはら)川右岸支流の奥にある
 訪問は牧(まき)より。現在は車道も通じているようだが、だいぶ遠回りになる。牧発電所の送水管脇を登り、上端まで達すると往時の山道に取り付く。意外に整備され、時おり人の往来があるよう。道中では石仏や祠
が見られた(写真1・2)。
 鞍部を越えるとすぐに集落に到達。1棟の板作りの納屋が見えてくる。ほか道沿いに屋敷跡が見られ、奥には墓・石仏(「観世音尊堂」とある)・神社が見られた(写真5〜7)。
 なお大字笈破は近世の吉城郡下高原郷の笈破村。明治8年神岡村(のち船津村→神岡町)の大字となる(角川)。

 


写真1 道中の石仏

写真2 鞍部にある祠

写真3 納屋

写真4 道と石垣

写真5 古い墓

写真6 石仏

写真7 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ