戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆辺尾(へび)
辺尾・奥辺尾(おく―)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:大町市八坂字辺尾
地形図:日名/大町
異表記:辺比
形態:山中に家屋が集まる
標高:約800m
訪問:2010年5月

 

 村の北部、金熊(かなくま)川の左岸の山中にある。
 金熊川流域に所在し、地理的には美麻村や信州新町であってもおかしくない。資料によると「辺尾山城跡」「天狗神社」「観音堂」がある。
 集落の入口付近には県道の道路標識が建ち、補助標識には地名も書かれているので分かりやすい。辺尾では谷沿いに作業小屋(写真1)が1軒建っており、付近は屋敷跡と思われる。山中に少し入ると農地の跡。コンクリートの土管のようなものは貯水のためのものだろうか。道なりに進むとお堂(写真2)と墓地がある。さらに奥辺尾手前の尾根には、小さな神社(拝殿)(地図のスキャン画像にある神社とは別の場所)と道祖神がある。奥辺尾では蔵の残る屋敷跡が1箇所と、古い墓地(写真5)が見られた。
 地名は、大蛇の伝説に由来か。

 

≪辺尾≫

写真1 作業小屋

写真2 お堂

写真3 神社。奥は拝殿
≪奥辺尾≫

写真4 蔵

写真5 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ