戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆境尾(さかいお/サカイノ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「信濃池田」(昭和21.12)を使用したものである

:松本市五常(ごじょう)字境ノ尾?
地形図:明科/信濃池田
形態:尾根上に家屋が集まる?
標高:約660〜770m?
訪問:2010年5月

 

 村の北西部、明科町【現・安曇野市】との境界付近にある。
 沢村で伺った話では、旦那さん曰くかつては4軒。息子さんが知っているのは3軒。
 川沿いの現住家屋の脇から道が伸び、これを登ると蔵などが残る屋敷跡が2箇所見つかった。ただし1箇所は地図上では明科町に所属し、さらに770m付近にも明科側に家屋が記されている(未訪問)。先の「4軒」とは、どこまでを指すのか聞き忘れたが、先述の現住家屋と、その奥の屋敷跡は含まれないよう。
 「角川」の小字一覧に「境ノ尾」があり、本来の読みは「さかいのお」の可能性がある。「サカイノ」はこれの転訛か。

 


写真1 門を兼ねた物置

写真2 蔵

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ