戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆寒ノ子(かんのこ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:長野市信州新町山穂刈(やまほかり)字寒ノ子
地形図:日名/大町
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:多くは自然消滅、のち移転事業
標高:約500m
訪問:2010年5月

 

 猿倉(さるくら)川と犀(さい)川の合流部の尾根付近にある
 竹之田和(たけのたわ)で伺った話では、覚えているのは4、5軒。1軒だけ残っていた世帯が移転事業により大字竹房(たけふさ)にある道祖神(どうそじん)団地へ転出(昭和50年代?)。この1軒は、現在も所用で時々訪れているそう。すべて竹村(たけむら)姓。集落南側には「コクゾウ様」(「丑年・寅年の仏様」ということなので、虚空蔵菩薩のことだろう)を祀ったお堂(※)があるが、像が盗難に遭ったため新しい像が公民館に祀られた。
 集落では車道の終点付近に屋敷跡が1箇所と家屋が1軒
。お堂はしっかりと建っており、すぐそばには墓地もある。

※ 古い地図上の神社の位置。ただし神社とは異なる。

 


写真1 家屋

写真2 農地跡にて

写真3 お堂

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ