戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆寒方地(かんぼうち・かんぼち)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:大町市美麻
地形図:日名/大町
アクセント:ンボチ
形態:谷沿いの斜面に家屋が散らばる
標高:約850m
訪問:2010年5月

 

 当信(たにしな)川の支流、篠(しの)沢上流部の南支流の斜面にある。南部・北部2つの家屋群が見られる。
 山菜採りに来ていたかつての住民の話では、上寒方地(かみ―)と下寒方地(しも―)に細分され、それぞれ6軒・4軒あったそう。
 現在は二重(ふたえ)地区から千見(せんみ)地区に延びる林道があるが、この支線に降り口がある。「上」と「下」の別は聞き忘れたが、山道に沿って進むと物置小屋や墓地、何かの小屋が残っている。
 また篠沢を遡ると、寒方地・
女生山各方面の分岐付近に水田の跡のようなものが見られる。なおこちらから集落に至ることは非常に困難。

 


写真1 屋敷跡

写真2 物置小屋

写真3 戦歿者の墓と何かの建物

写真4 表彰状「寒方地部落殿」(写真3の建物に掲げられている)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ