戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大小屋(おおこや?



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「時又」(昭和32.3)を使用したものである

在:飯田市上村
地形図:上町
/時又
形態:山中に家屋が集まる
標高:約1,200m
訪問:2013年11

 

 村の中部、上村川左岸の山中にある。古い地図では標高1,200〜1,260m辺りにのみ建物が記されているが、最近の地図では1,020mの位置にも建物の記載がある(ただし「大小屋」に含まれるかは不明)。
 訪問は国道脇の大渡(おおわたり)橋より。登り口は分からなかったため、尾根伝いに急斜面を登る。「標高1,020mの建物」は人家であったようで、石垣が築かれた平坦地には宅地の一部が残されている。またこの少し下方にも何かがあったような跡が見られる。1,200m前後まで登ると傾斜が緩やかになる。広い平坦地も多く見られるものの遺構はほとんどなく、北側に突き出た平坦な尾根の先端で低い石積み(写真8)が見られたのみ。常住の家々があった集落ではなく、炭焼きのための小屋が掛けられていた場所だろうか。

 


(写真1 何かの跡)


(写真2 農地跡?の石垣)

(写真3 小屋の跡)

(写真4 屋敷跡の石垣)

(写真5 写真4にて)

写真6 平坦部(以下地名表記付近)

写真7 何かの跡の平坦地?

写真8 低い石積み

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ