戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆沓津(くっつ



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「飯山」(昭和40.7)を使用したものである

在:飯山市静間(しずま)
地形図:飯山
/飯山
形態:谷沿いに家屋が集まる

標高:約650〜700m
訪問:2015年11

 

 大字静間の北西部、清川(千曲(ちくま)川支流)の上流部にある。
 
市誌によると、昭和35年26戸、同46年11戸、同47年3戸。昭和47年3月集団移転。また当地にあった秋津小学校沓津分校は、昭和47年3月31日閉校(※1)
 現在残る建物は分校校舎(写真1)のみだが、一部の水田が現在も耕作されており人の行き来はあるよう。現在の分校跡より以前の校地であった高台には離村記念碑が建つ。屋敷跡に馬頭観世音の碑がよく見られるのが特徴的。最近の地形図でも神社が記されているが、見落としていたため未確認。集落手前には何かの施設跡(写真13)があるが、何であったかは不明(※2)
 なお離村記念碑には、
佐藤・小林・丑山・佐藤・佐藤・佐藤・佐藤・小林・佐藤・小林・小林・佐藤・小林・佐藤・佐藤・小林・小林・小林・丑山・丑山・佐藤・町井・小林・佐藤・丑山の計24名と移転先が記されている。移転先は静間が多い。

※1 閉校はHEYANEKO氏調べ。市誌では昭和55年3月31日となっているが、これは誤り
※2 HEYANEKO氏によると、養魚場であったとのこと

 


写真1 校舎


写真2 離村記念碑と筆塚(右の碑)

写真3 集落風景

写真4 屋敷跡の一部(浴室)

写真5 屋敷跡

写真6 屋敷跡

写真7 写真6そばの戦歿者の碑(丑山氏)

写真8 屋敷跡の一部

写真9 馬頭観世音

写真10 同

写真11 櫓

写真12 水田

写真13 施設跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ