戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆明賀(みょうが)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」(昭和23.7)を使用したものである

所在:白馬村北城(ほくじょう)
地形図:塩島/白馬岳
形態:山中に家屋が集まる
標高:約850m
訪問:2008年5月

 

 峰方(みねがた)沢の右岸にある。古い地図では6軒の建物が見られる。また国道に近い場所には学校が見られる。
 集落跡までは車道が延びている。現地には薬師堂が残っており、付近には墓地もある(写真1)。また耕地跡があるのが分かる。屋敷跡は1軒しか分からなかった(写真2)。薬師堂周辺の墓地は横川姓、離れた場所の墓地は太田姓。いずれも平成になって墓地を移転している。
 村誌によると全盛期には7戸。
 余談だが国道上の花園(かぞうの)・明賀の入口には小高くなった小さな山があり、斜面にたくさんの石仏が置かれている(写真3)。頂に「奉納百番供養塔」と彫られた石塔があり、それぞれの石仏には「一番 西国」「六番 最妙禅定尼」といった番号などが彫られている(実際は40体弱しかないが)。ほかに庚申塔・二十三夜塔・馬頭観世音も一緒に置かれている。

 


写真1 墓地と薬師堂


写真2 屋敷跡


写真3 石仏群

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ