戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆村影(むらかげ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「満島」(昭和21.12)を使用したものである

所在:阿南町南条(みなみじょう)
地形図:満島/満島
アクセント:ムラカゲ
形態:川岸の低地に家屋が集まる
標高:約350m(月ヶ島集落は約420m)
訪問:2007年11月

 

 和知野(わちの)川の左岸で天竜(てんりゅう)川との合流部付近、現在の和知野川キャンプ場の向かいにある。地図では月ヶ島(つきがしま)集落の南の川岸に砂礫地があるが、ここより少し斜面に入ったところになる。古い地図では月ヶ島集落から川へ下るルートがあり、4軒の建物が見られる。
 月ヶ島を過ぎると、現在の道の裏手に山道が残っている(おそらく旧道)。山林の管理等で行き来する人がいるのか、村影への降り口もしっかり残っていた。集落はすっかり竹藪で覆い尽くされているが、石垣で段々になった農地、水槽が残る何かの敷地(写真1)、小さな石仏などが残されていた。また川の近くは広い平坦地があり、ここも農地として使っていた可能性もある。なお屋敷跡を確定することはできなかった。
 月ヶ島の方の話によると、かつては5、6軒の民家があり全て伊藤(いとう) 姓ではないかとのこと。電気・水道はなかった。

 


写真1 藪の中の水槽


写真2 石積み

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ