戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆古谷城(こやしろ)


※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「南部」(昭和22.5)を使用したものである


在:身延町大城(おおじろ)字古谷城
地形図:切石/身延
形態:山中に家屋が集まる
標高:約520m
訪問:2010年3月

 

 大城川上流にある。
 地元の方(大城在住・昭和1桁生)の話では、覚えているのは1軒。尋常小学校の同級生が住んでいたという。昭和14、5年くらいに古谷城と大城の間にある「コバシ」という場所(表記は不明)に移転。平成2年まで暮らしていたが、砂防ダムの工事により再び転居。現在、屋敷跡付近は茶畑になっており、別の人が管理している。
 現地には小さな茶畑(写真1)があり、「古谷城番所跡」の看板が立つ。茶畑の裏側は竹藪になっており、茶碗のかけらなどが僅かに見られる。川に向かって小さな平地が段々になっているが、かつては農地だったのだろうか。また山側では小さな祠(写真2)や炭焼き窯の跡が見られたが、こちらでは屋敷跡のような場所は見つからなかった。

 


写真1 茶畑


写真2 祠

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ