戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆差越(さしこし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「身延」(昭和22.6)を使用したものである

在:早川町初鹿島(はじかじま)字差越
地形図:身延/身延
アクセント:サコシ
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:(1世帯現住)
標高:約480m(県道は約270m)
訪問:2009年8月

 

 町の南東部、身延町の境界付近の山中にある。地形図では県道から集落までは小径になっているが、最近になって車道が開通した。
 
お盆で訪れていたかつての住民の話では、家は4軒。炭焼きや林業、土木作業(女性も従事)で暮らしていた。現在は2軒あるが、常住は1世帯のみとなっている。この方の家は集落の最も奥にあるが、昭和34年の台風で家が倒潰。その後長い間更地になっていたが、平成10年を過ぎてから車道が完成、思い出のこの地に再び家を建てた。車道の完成がなかったら、家の再建は考えもしなかったという。なお、この方はこの家の134代目。
 
集落には、武田の落武者の伝説がある。また集落を通る道はかつて街道だった。

 


写真 人家

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ