戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆山中(やまなか)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「敦賀」(昭和26.9)を使用したものである

所在:敦賀市山中
地形図:駄口/敦賀
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約350m
訪問:2012年11月

 

 市の南部、笙(しょう)の川支流の五位(ごい)川上流部にある。
 以下は「角川」より集落に関する記述を要約。

大字としての山中は、近世の敦賀郡山中村。明治22年愛発(あらち)村(のち敦賀市)の大字となる
当地は北陸道(西近江路)の越前・近江国境に近く、宿駅のひとつであった。盛時には人馬・荷物の往来で繁栄。明治17年鉄道(北陸線)の開通後は往来が減り、離村者が増加。宿場としての機能は絶えた
氏神は日吉神社、寺院は願因寺(浄土真宗。明治21年無住)と光伝寺(浄土宗。明治維新時廃止)
大正9年13戸50人、昭和10年7戸31人、同30年13戸50人
後年に残った3戸は水田を耕作し自給の生活。昭和25-26年福井・武生方面から開拓農家8戸が入植したが、資金不足や営農の不慣れから次々に離農し、昭和46年からは元からの住民1戸となった。同50年後半に酪農家2戸が加わり3戸となる

 現地には廃屋が1軒建っており、これは国道からも確認することができる。付近には「親鸞聖人有乳山舊跡」の碑(写真3)があり、これは地形図にも記されている。ここから枝道に入ると旧道と思われる道筋(写真4)があり、この両側には屋敷跡が並んでいる。小さな川の対岸は墓地となっているが、地図にある神社は既にない。墓地の入口の石柱にも「親鸞聖人有乳山舊跡」および「親鸞聖人御詠歌」と刻まれており、親鸞にゆかりのある地であることが分かる。
 地図ではここから400mほど下流に数棟の家屋と大型の建物が集まって記載されているが、こちらは未確認。先述の酪農家に関係すると思われる。
 ほか地内には国境(くにざかい)スキー場の一部の施設や国交省スノーベースがあるが、本来の集落の位置とは無関係だろう。

 


写真1 看板

写真2 廃屋

写真3 碑

写真4 旧道?

写真5 屋敷跡入口

写真6 屋敷跡

写真7 屋敷跡

写真8 屋敷跡の登り口

写真9 石柱

写真10 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ