戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆須能(すのう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「虻島」(昭和22.3)を使用したものである

:七尾市須能町(すのうまち)
地形図:虻ガ島/虻ガ島
アクセント:スノー
形態:山中家屋が集まる
標高:約220m
訪問:2011年8月

 

 市の東部山中にある
 黒崎(くろさき)より西に向かって尾根伝いの車道があるが、菅沢付近より須能への道が分岐している。ここには日露戦争の戦歿者(杉澤氏)を弔った「忠魂碑」と小さな祠があるが(写真1・2)、須能由来のものだろうか(地図上では麻生町(あそうまち)地内)。
 しばらく進むと、山道は集落の水田があった谷に並行する。やや開けた谷の合流部を横切り、再び山林に入ったところで、比較的新しいが倒潰した家屋を確認(写真4)。付近には屋敷跡も見られる(写真5)。
 付近の農場の方の話では、分かる範囲で4、5軒。老夫婦1世帯が長らく暮らしていたが、菅沢が無住になって3、4年のうちに転出していったという。米は比較的よく取れた。

 なお「須能町」は近世の鹿島郡須能村。明治22年北大呑(きたおおのみ)村の大字となり、昭和29年七尾市の町名となる。明治22年5戸42人、昭和45年2戸7人、昭和55年1戸2人。日吉神社は、昭和42年に麻生町の山王神社に合祀された(角川)。

 


写真1 碑

写真2 祠

写真3 小屋

写真4 倒潰家屋

写真5 屋敷跡

写真6 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ