戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆外林(そとばやし・とばやし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「小口P戸」(昭和32.7)を使用したものである

所在:七尾市外林町(そとばやしまち)
地形図:庵/小口瀬戸
アクセント:ソトバヤシ
形態:谷沿いに家屋が集まる
離村の背景:(3世帯現住)
標高:約170m
訪問:2011年8月

 

 市の東部にある。
 集落に車道は通じておらず、付近の市道より山道を降りることで訪れることができる。往時は庵町(いおりまち)・柑子町(こうじまち)各方面より下流からの道が通じていたようだが、意外にも谷筋を通る道ではない。
 在住の方の話では、分かる範囲で10軒ほど。現在は3世帯が在住しているが、1世帯1人は長く家を空けており事実上は2世帯。米作りや炭焼きで暮らしていたという。なお市道は昭和10年くらいに完成したが(当時は林道)、それまでは下流側からが主な道であった。
 集落には先述の3世帯の家が残るほか、倒潰した家屋も2軒ほど。神社(道祖神社)は左岸の少し高い場所にあったが、現在は廃材や瓦が確認できる程度(写真5)。田畑は僅かに残り、現住の方が耕作している。墓地は最上流部左岸側。
 なお
「外林町」は近世の鹿島郡外林村。明治22年北大呑(きたおおのみ)村の大字となり、昭和29年七尾市の町名となる。明治2年10戸32人、同22年5戸34人、昭和45年5戸17人、昭和55年3戸3人(角川)。

 


写真1 家屋

写真2 家屋

写真3 廃屋

写真4 屋敷跡

写真5 神社跡

写真6 水場


写真7 道(右)と農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ